Loading

山田耕筰紹介

山田耕筰の軌跡

山田耕筰 山田耕筰先生は、1886年(明治19年)6月9日、東京府東京市本郷(現:文京区)で医師(旧板倉藩士)の長男として誕生しました。
幼少(10歳)の時に父が亡くなり自営館(教会)でお世話になっていたのですが、13歳の時に関西に嫁がれていた姉をたより、関西学院中等部を経て、東京音楽学校(東京芸大)「声楽科(オペラ科)」を1908年に卒業し、1910年、ドイツ・ベルリン王立芸術アカデミー作曲科に留学して本格的に作曲を始めることになったのです。
その後、ベルリン・フィルハーモニー、レニングラード・フィルハーモニー、ニューヨーク・フィルハーモニー等で指揮を執り、戦前すでに世界的に著名な音楽家として知られておりました。

このような我が国近代音楽の「創始者」である山田耕筰先生の“記念館”が、日本中どこにも無いことなどあり得ないことですので、今後も「護国の会コンサート」は、「山田耕筰記念館設立要請」をメインに、山田耕筰作品の音源化にも取り組みますので、ご支援ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

活動紹介

活動紹介

護国の会のこれまでの活動と、今後の予定をご紹介しております

署名活動

署名活動

山田耕筰の記念館設立のため、皆様からのご署名をお願いしております

TOP